塾屋への質問「今までの塾・家庭教師の経験は?」

読んで実践できる!指導について

塾屋 塾長の塾・家庭教師経験は?

※気になる方のために・・・上の画像は、塾長24歳(塾屋起業時)の写真です

 

私は24歳のときに塾屋を始めました

愛知教育大学という日本で有名な「教師を目指す大学」なのに、教師もならずに塾へ・・・

 


では「いままでに何を経験してきたのか」を書こうと思います

 

子どもを支える学習の場

「学校」「塾」「家庭教師」をそれぞれ経験しました

 

学校・・・中学、高校への教育実習。今まで50回以上の授業参観ブログや時事問題を通じて全国の学校の先生とも交友があります

 

塾・・・進学塾、個人塾、個別指導塾を経験。大学時代は週6日塾で指導。塾講師が塾を掛け持ちする人は珍しい。ある塾では社員よりも人気が出てしまい、メインの講習を担当するほどに。塾屋になってからも含めると指導生徒数は1000名を越えました

 

 

家庭教師・・・学生時代、県内の家庭教師の派遣の幹部を1年半経験。各ご家庭に訪問し、先生に対する負のイメージを払拭させたり、お子様の悩みや希望を聞き、適任だと思われる家庭教師を選ぶ仕事をしました。また、家庭教師の先生の相談窓口にもなりながら、ご家庭から直接先生にいえないことを聞く「橋渡し」の役目も担いました。これ以外にも個人契約で家庭教師を数件、3年間行いました。不登校の生徒や公立を完全に諦めていた中3生から学年TOPを目指す生徒まで、関わった生徒数は300名を越えています

 

 

 

 

 

学校の事情も知っています。これからも把握できる環境にあります

 

塾の事情も知っています。様々な形式の塾の良い所・悪い所も実体験をもって把握しています

 

家庭教師の事情も知っています。プロの家庭教師以上の指導・支援をする自信はあります

 

 

教育大学で「教育」を学び、様々な塾・家庭教師で経験を積み・・・公教育と私教育の両方を大学4年間でしっかり学んできました