塾長の一人旅レポート2018 in大阪

塾長について
この記事は約10分で読めます。

キッカケは2018年の9月・・・

塾長
塾長

何か、今までやってきていない事がやりたいな

そう思えたタイミングがありました。

 

そのとき、ふと思いついたのが【一人旅】でした。

年に1度、完全なる一人旅を決行する!

完全なるというのは、行き先、計画、準備、そして旅行中に至るまで全て「自分一人」で行う旅という意味です。

誰かと一緒に行く旅行も好きですが、この目的は「一人」であることが大事なのです。

 

日常の自分と離れてみる時間が欲しかった

この一人旅は、私の中では完全なる非日常でした。

 

いつもは、家族がいてくれて、仕事ならスタッフを始め支えてくれる人がいて・・・

一方で、日々の生活は家族のため、生徒のためといった誰かのための時間がほとんどで、そのことを起きている時間は常に考えています。

 

それが当たり前になっていて、そこに対する感謝だったり、ありがたさが薄れてしまって傲慢・自分勝手な言動になっているかもしれません。

 

この一人旅は、そういった日常と離れた時間を作り、周りの目とか配慮無しで

『お前はどうしたいんだ?何がしたいんだ?』と常に問うていく時間になります。

 

・・・そう考えた時点で、この一人旅は大きな意味・意義のある旅になることが確定しました!

 

第1回の行き先は、大阪!お笑い&USJ!

旅行は日曜・月曜。これは塾がお休みだからです。

記念すべき第1回の行き先は「大阪」に決めました。

理由は、お笑いが見たいのと、USJに行ってみたかったからです。

 

初日:大阪観光

地元の駅→名古屋駅→新大阪駅→なんば駅と進み、第一目的地へ。

 

第一目的地「よしもと漫才劇場」

漫才中心のライブを前から2列目で見てきました!

矢野・兵動

安定の面白さ。オオトリだったので、最後のデザートって感じ。

ギャロップ

競馬番組で林くんは何となく知っていたんですが、ネタになると話も面白い(失礼)

ジャルジャル

会場が一番爆笑してました。私のなかでも1位。あのネタをM1でやるのかな・・・やったらやったで、あれは漫才か?ジャルジャルらしいな!って毎年のように今年も言われそう。でも、年末年始、流行りそう。

 

アキナ

今回のネタがアキナのなかでベストだった感じがしました。漫才が上手い人ってのが良く分かりました。

 

天竺鼠

ぶっちゃけ、テレビなどでは好きではなかったネタや雰囲気のコンビだったんですが、舞台での漫才、面白かった!反動で好感度が一気に上がりましたね♪

 

くまだまさし

何でここに?という違和感から始まり、箸休め感がすごいなと思っていたんですが、一番会場を盛り上げたのは彼。たしかにあのネタがあるなら、盛り上がり役として芸人何組か集めるときに欲しいですね。消えそうで消えていない理由が分かりました!

 

見取り図

最近よく見るコンビ。ネタとしては他のコンビの方が好きですが、ネタの合間のゲームコーナーでフリートークが上手かった。これからテレビにもっと出てくる気がします。

 

プリマ旦那

ここも見取り図と同じで、フリーのときの方が面白かったです。そういうときに面白い芸人さんが生粋の芸人って気がするんですが、彼らは生粋の芸人さんって感じです。

 

セルライトスパ

漫才劇場でなぜかコント。でも、面白かった!コントの設定がうまくて、その設定で始められるセンスがすごい!他のネタ(コント)も見たくなりました。

 

パーティーパーティー

テレビ番組で、ピンでキムキム(ボケ担当)を見たときは全然面白くなかったんですが・・・漫才は最高でした!ザキヤマ系のギャガーで、ザキヤマさんと違うのは、おそらく彼がネタを書いて自作で考え抜くタイプです。だからフリーだと弱いのか?!いや、経験を積んだら一気にテレビなどで引っ張りだこになる気がする。

 

マユリカ

ネタは面白かったけど、陰な感じがあって、ネタを見てお腹いっぱいでした。

 

ミキ

今回はミキを見たくて、その時間帯を選んだんですが、ネタ、面白かったんですが、いつも面白いので印象に残らず・・・。他の芸人さんが予想を超えた面白さだったので・・・個人的には亜星よりツッコミの「こうせいくん」←漢字分からん。の方が好きなので、生で見れて良かったです!

 

たくろう

今年か来年にブレイクすると言われているコンビだと知っていてネタは初めてちゃんと見たんですが、面白いとは思いますが、他の若手、今活躍の芸人さんを圧してまでブレイクするのか・・・という感じは私にはなかったです。なにか漫才以外の武器があるのかな。

 

第二目的地「大阪城」

大阪に行ったなら大阪城は外せなかったです。

当日は、ラーメン展みたいなのをやっていて激混み!でも、何とか早歩きで城まで行き、天守閣まで登りました!

 

第三目的地「御座船」

大阪城のお堀を、金の船で巡回するという御座船。

中も外も金!の船で20分、風を感じながら城を見たり景色を堪能しました!

 

第四目的地「人狼カフェ」→代打「雀荘」

塾でもやっているボードゲームの「人狼」を、カフェで初対面同士でやりたい!

そう思って予定に組み込みましたが・・・夕方行ったら

『人が集まってないから人狼できない』とのことで諦め・・・代わりを探そうと思ったら、目の前に雀荘が!!

麻雀は好きで大学の仲間とやったり塾でもやっていますが、初対面とガチで戦う雀荘には行ったことがありませんでした。

種目は違えど目的は同じだと勝手に解釈して、がっちり麻雀をやってきました。

・・・善戦虚しく連敗でした。初対面なだけに、ガチなだけに悔しいです!

しかし、そんな私にラッキーが!

雀荘終わりで、一旦ホテルに戻ろうとした交差点でふと左を見ると・・・

 

出た!!!!

 

横顔を最初に見たので、一瞬で分かりました。

アインシュタインの稲田さん!

普段は声をかけたりしないんですが、一人旅モードの私はすぐに声を掛けました

塾長
塾長

お疲れ様です!握手してください!!

お疲れなのかOFFだからなのか元気ない感じで握手。

塾長
塾長

僕、座生(ざおう)毎回観てます。いつもめっちゃ面白いです!

ここで笑顔になってくれて「ありがとうございます」と返ってきました。

この後、帰宅するみたいで、そのまま去っていきました。

 

さすがはお笑いの街、大阪!

 

第五目的地「よしもと漫才劇場2」

夜も漫才劇場へ。

夜は、霜降り明星の単独ライブがあり、粗品くんが好きなんで行ってきました。

右がツッコミの粗品くん。

単独ライブは満席!人気もあるし、今年あたりM1獲る可能性もあるコンビです。

1時間くらいでしたが、大盛り上がりで爆笑!満足!!!

 

その後、ホテルに戻りました。

 

 

2日目:USJ

第一目的地「USJ」

1人で行きました。

それを話すと「1人!!!!?」と驚かれますが、私はUSJに乗り物を好きなだけ乗りたかったので、シングルライドがあるUSJは最適なテーマパークです!

 

シングルライドというのは、アトラクションは普通2人とか4人で1列になっていますが、友だちが3人とか5人で来ると1席分空いてしまうんです。

そういうとき、1人(シングル)希望の人がいたら入れるんです。

もちろん、それを希望する人は少ないですが、ほぼ全てのアトラクションにシングルライド用の列があり、普通120分待つ「フライング・ダイナソー」も、グングン列を追い越して、シングルだと15分で乗れてしまうんです☆

 

そのあまりの時短のため、閉園まで居る予定が、午後3時には乗りたいものを全て制覇!小雨でショーがやらない可能性もあったし、ショーを一人で見る気もなかったので早めに出ました。

 

その後、梅田をぶらぶらして、ナゴヤに戻り、最後の目的地へ

 

第二目的地「草野球チームの飲み会」

私は平日の午前中に野球をしたい人が集まるチームを運営していまして、その飲み会がたまたまこの日の夜にありました。

ギリギリ参加できそうだったので大阪帰りに駆け付けました!

野球談議、チームのこれからを面白く、そしてアツく語り合いました。

 

こうして、夜中に帰宅しました。

(この翌日、朝から草野球の試合でした)

 

一人旅をしていて感じたこと・得たこと

今回、初めての一人旅を経て、その計画中・旅行中・旅行後に感じたこと・得たことを書いておこうと思います。

もしかしたら、これを読んで「自分も一人旅やってみようかな~」と思ってもらえるような良いことが書けていればいいなー。

 

旅行前に決めていたテーマは「感謝」

普段、当たり前になっていた人との関わり、人の支え。それを全く無くした2日間。

自分が一人だと感じるからこそ、普段の当たり前のようにやってもらっていたことに

感謝する気持ちを持って過ごそうと思っていました。

私は旅行に行く前まで、友だちも少なく、人との関りが薄いタイプだと思っていました。別に私が旅行に行こうが、どこかで何かしようが気にする人はそんなにいないなと・・・。

 

でも、旅行が近づくにつれて、家族はもちろんですが、塾生や保護者の方、普段やりとりがない友人を始め、多くの方が「旅行、行くんですね」「一人旅、いいですね」など声をかけてくれました。Lineでやりとりしているときでも、最後の言葉で「もうすぐ大阪ですね。レポート楽しみにしてます」など、お言葉をいただきました。

 

自分はありがたいことにいろいろな人に囲まれて生きていて、気にしてもらっているんだなと旅行前から感謝の気持ちで過ごすことができました。一人旅、ありがとう!ですね。

 

旅行中に感じていたのは、いつもと違う成分!?

いつもは、だいたい決められた生活です。厳密には起きる時間も授業の時間も私が決めたものですが、どこか決められた日々を過ごしています。

それは生活上のあらゆる選択・決定もそうで、どこか『自分で決めてはいない』『狭い選択肢から選んでいるだけ』の生活でした。

しかし、一人旅は完全自由。時間も予定も決めるのは自分、変えるのも自分。

なので、旅行中は『さぁ、次どうする??』と独り言を言いながら、その次の行動を決めていました。

おそらく、普段とは全く違った脳内成分が出ていると思います。

それを2日間、経験できたことは大きかったですし、その時間を過ごす楽しさを知ってしまったので、来年以降も絶対やると思います!

 

旅行後は、パワーアップした感じ!

実は旅行の帰り、呑み会の帰りの電車に乗った瞬間、メールがありました。

そのメールは、塾のHPへの問い合わせです(夜中11時50分)

旅行の2日間は、塾生も保護者の方も気を遣ってLineなどを私にしませんでした。塾の電話が転送で携帯にかかることもなく過ごしていました。

それが、旅行が終わった瞬間に「問い合わせメール」が届いたんです。

塾長
塾長

この仕事に愛されてるんだな~

と感じました。

神様が『もう十分堪能したな。じゃぁ、日本中でお前に期待している人がいるんだ。早く応えてあげなさい』と言ってくれているようでした。

 

旅行の翌日から、これを書いている今の時点での変化としては

今までの自分+旅ができた自分

が加わり、パワーアップした感じがします。

 

うまく言葉で表せないのですが、人として少し大きくなった気がしています。

 

やはり、経験は人を豊かにします。

何度も習慣のようにやっている「継続した経験」も大事ですが

まだやったことがない「初めての経験」も、人を成長させる大事なチャンスです。

一人旅は、私の中の「初経験」をたくさんもたらしてくれました。

 

 

 

 

最後は、今回、旅先で読んだ本の紹介

今回は2冊

1冊目は、以前ブログで絶賛した『天才はあきらめた』

『自信を持って』は間違い!?~南キャン山ちゃんの自信貯金と、塾屋のこころの貯金~
お笑い芸人、南海キャンディーズの山里亮太さんの著書「天才はあきらめた」内で、ご自身の「自信」についての工夫と実践が、塾屋で行っている「こころの貯金」と同じ考え方でした!自信がある、自信がない。自信を持て!という考え方から、自信を貯めろ。自信を使え!という考え方へ。山ちゃん・・・見てくれるかな・・・。

2冊目は、これ。内容的にも塾にピッタリ!塾屋がやっていることの大事さを伝えてくれています。

塾長
塾長

塾屋は、愛知県豊田市にある学習塾です

ブログをお読みになり

うちの子に通わせたい塾だなと思われた方は

公式ホームページもご覧になってください!

トップページ
塾屋は豊田市の学習塾で、「満席で入れない」と評判の塾です。大手の進学塾、個別指導塾にはない指導で「こんな塾を探していた!」との声も多数頂いております。個別指導の授業ではなく、1人1人の自己管理能力、勉強能力に合わせた指導を行うため、成績アップはもちろん、受験にも強いです。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。