マイセルフ吉田寛章さんと塾屋の歴史

塾屋&塾長の考え

12年越しに会いたかった人に会えました

今日は、午後に名古屋駅前に行ってセミナーを聴きにいきました

目的は1つ。吉田さんに会うためです

 

吉田寛章さん

吉田 寛章
吉田 寛章さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、吉田 寛章さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。

まだ私は直接お会いしたことがありませんでした

 

出会いは、SNSでした

最初は、12年前、塾を始めようか迷っていたときのこと・・・

SNSの塾関係者のコミュニティに入っていて、そこで「塾を始めようと思います」と書き込んだところ
『私も〇月から塾を立ち上げます』と返答があり、そこから塾を始めるときの不安な点を質問したりしていました

吉田さんは、まだ会ったこともない私に、起業時に融資を受けた際の資料一式を見せてくださいました。それくらいの仲でした

対して私からは、吉田さんの作る塾の建物の看板フレーズを、当時私がよく使っていたワードを使わせてほしいと言われ、それをお貸ししたくらいなものです

 

同じ「塾を創める仲間」という、当時は結構フラットな関係だと思っていました

※年齢でいえば、私の方が年下ですが

 

今、吉田さんは有名人に!

しかし、12年経った今・・・吉田さんは、その塾(マイセルフという群馬県の塾です)も順調に成長していると同時に、ご自身もセミナー講師として塾業界では有名人になっています

 

そんな吉田さんに私は12年間、ネット上でしか交流がありませんでした
群馬に行く用事が在れば・・・と思っていましたが、なかなか群馬に行く機会はなく(泣)12年経ってしまいました

 

そこへ、2018年6月、吉田さんのSNSに「7月8日、名駅でセミナーやります」との情報があり、行きます!と宣言し、それに合わせて、7月8日に懇談を入れないよう調整しました

 

念願の初対面!!

そして今日、ついにお会いすることができました!
風貌が変わっている方ですが、セミナーは超おもしろいかったです
面白くて、勉強になるセミナーはなかなかありません

塾を始めるとき、始めたばかりのとき「塾、やっていけるかな」「これで大丈夫かな」と不安だった時
「坪内さん、それいいですね!うちの塾でも使っていいですか?」と塾でやっていた工夫を褒めてくださり、自信になりました

 

初心を思い出しました

私は、塾を創った際の恩人が10名ほどいます

ここで10人の名前を挙げはしませんが、このブログも見てくださっているKさん、Tさん、Yさんは恩人だと思っています

そのなかで、直接お会いしていなくても恩人だと思える存在・・・それが吉田さんでした

このセミナーが終わり、急遽入った夜の懇談へ向かいました
塾に到着後、懇談までの2時間、ちょっと塾の12年を振り返っていました

24歳の1月に塾を始めました
25歳で、今の教室を作りました
・・・途中、いろいろ苦労しました

ある生徒の保護者の方があまりに理不尽で、その子があまりに不憫で

塾で一人、ファイルをぶん投げて大声で叫んだこともありました

夜、悩んで全然寝付けなくて、妻に心配された日もありました

お腹が何日も痛くて、気づいたら救急車で運ばれて1週間入院したこともありました

(虫垂炎と腹膜炎)

もちろん

良いこともたくさんあったんですが、こういうとき思い出すのってだいたい辛い出来事ですよね 😥

 

12年経ちました

教育熱心な方や、今の塾に不満をもつ方が

「こんな塾を探してたんだ!」「これ、まさにうちの子(家族)のための塾だ!」

と言われる塾を目指してきました

どれくらいご期待に添えられているのか分かりませんが

これからもそういった方が集まる塾にしていくことを改めて誓います!