勉強には、その人の全部が出るぞ

塾屋&塾長の考え

1:全部出るんだよ、勉強に

勉強は、その人の過去・現状・将来が見える
だから、今やっている勉強を良い方に変えていけば、将来も変わる
でも、過去から何も変えず(むしろ悪化し)今を迎えれば、将来は悪くなる一方だ

 

塾長の私が考える、勉強する理由が、これです

 

今日、ずーっとそれを想いながら教室を見渡し、生徒の質問やテストに応え、勉強の様子を見ていました

 

例えば、今日の中学生(テスト前の子)

Aくん:提出物をずっとやり続けて今日を終えた子(ちなみにまだ提出物が終わっていない)
もちろん、演習内容もやっていないし、テスト対策も全くやっていない

 

Bくん:ずっと1つのテスト対策をやっていた子
普段、演習日には入れない内容で、日ごろ全く自己管理できていなければ、1から勉強しないといけない。結局、その1つをやり続け・・・合格せず

 

Cさん:サクサク合格する子
おそらく「今日はこれを終わらせよう」と事前に決めて過ごしたと思われる子
テストも同じ教科で受けていくので、ポンポン合格する
そういうのを自分でコツ?工夫?としてやっている子こそ、自己管理ができている子!

このABCの三者が、同じ時期に定期テストを迎えるんです

差がつくに決まっています

 

時間を無駄にした者が、時間の無さに文句を言う

そして、得てしてABの子が、テスト結果に文句を言っていたりするものです
「テスト対策をやらせてくれないからだ」
「テスト対策をやれる時間がない」

こういう文句を家や塾長のいないところで愚痴る子もいます
そういうのを家で聞いた際には、私に教えてください
次回、テスト対策を銅と同じ形式でやってもらいます

提出物の提出なし、テスト対策は完全フリー
それで結果を出すという銅の子のテスト対策を

過去、こういう愚痴を言っている子にやらせたことがありました
・・・結果は、100%全員が、赤で提出物や短い単元の確認テストをやっていたときよりも結果が悪くなりました

 

成長する、シンプルな発想

日々の、本当にちょっとした学校・家での言動で「良いものは続けて」「悪いものは断つ」をやっているかどうかなんですよ

 

正直、勉強内容が難しくなろうが量が増えようが関係ないんです
教科だって関係ないし学年だって関係ない

「良いものは続けて、悪いものは断つ」これを日々やっている子は

どんな状況でも成長しつづけますよ

 

2:私が「親」について書かない理由

私は、あまり、「教育は親次第です。お子さんは親の接し方次第です」という内容を

タイムラインでは書いていません

 

理由①タイムラインは子どもも観ているため

もし「こういう親はダメ」なんて書いて、子どもが「あ、それうちのお母さんのことじゃん。なんだ、結局ダメな親じゃん」と思われてしまうと親子関係の悪化を招きます
大人しか見ないであろうブログとかなら書いてもいいかなと思いますが、ここでは家族全員が読むというのを前提にして書いています

 

理由②私自身が「親の途中」のため

私自身、まだ4歳の娘の育児中です。子育てが終わった年齢までいけば「親はこうするべきだ」みたいなことを説得力を持って言えます
しかし、まだ途中なので「タイムラインでは偉そうなことを言ってるけど、自分の子どもには全然やれてないじゃん」と言われるのが嫌なので、書かないようにしています
唯一、今、娘に対して「こう関わっているよ」というのは、理由付きで書いたりしています

 

理由③子ども自身に「刺さる」タイムラインを書きたいため

タイムラインは、おそらく小中高校生が唯一まともに読むWeb上の文章だと思います
子どものスマホでは「動画」「ゲーム」「漫画」が中心で、とてもブログやニュースなどの文章は読まないものです。そんななかで、タイムラインだけは「読もう」と思えて読んでくれているのなら、子どもに刺さる内容にして、子ども自身が「あ、これ自分のことだ」「よし、今日からこれやろう」と動くような内容にしたいです

 

 

なので、お子様にも読んでほしいんです
「ちゃんと」読んでほしいんです
「ちゃんと」読んでいるかどうかは、家で話題に出せばすぐ分かりますよ!

 

塾長
塾長

塾屋は、愛知県豊田市にある学習塾です

ブログをお読みになり

うちの子に通わせたい塾だなと思われた方は

公式ホームページもご覧になってください!

トップページ
塾屋は豊田市の学習塾で、「満席で入れない」と評判の塾です。大手の進学塾、個別指導塾にはない指導で「こんな塾を探していた!」との声も多数頂いております。個別指導の授業ではなく、1人1人の自己管理能力、勉強能力に合わせた指導を行うため、成績アップはもちろん、受験にも強いです。