勉強方法で失敗する考え方

塾屋&塾長の考え

1:文章を読む習慣

今の子は読書をしない
いや、漫画は読む、アニメも観る、動画も観る

【内容(情報)を手に入れる】
という意味では、昔の人たちよりも私たちの世代よりも数倍、手に入れています

 

ただ、単純な文章のみで情報(内容)を手に入れる・吸収する経験は

ドンドン減っているような気がします

 

小説が好き、新聞を読むという子の割合はドンドン減り、読まない子は全く読まない、読む子はすごく読むという差が広がっていると感じています

 

今の子は五感をフルに使って情報を得ています
逆に言えば、五感をいくつか刺激されない情報には弱くなっています

文字だけ
音だけ

こういった場面で子どもたちは学べなくなっているような気がします

 

今日の授業でも小学生、中学生でそう感じました

・誰かが言ったアドバイスや説明は「声だけ」だから受け取れない
・放送問題(CDから問題を出す)だと「声だけ」だから理解できない
・文字だけを丸暗記しようとして、その言葉の意味を気にしていない
・文字しかない情報は、見ても理解したり覚えられない

今もまだ、学校のテスト・入試、就職試験や資格試験が「文字だけのテスト」がメインである以上、文字だけで理解・吸収する能力は欠かせません

だ、か、ら

タイムラインという文字だけ(ちょっと画像はあるけど)情報は毎回きちんと読んでもらいたいです

毎日じゃなくても、スマホを見たときには読んでいないタイムライン分は読んでもらいたい

 

読んでいる人か読んでいない人かは会話をすれば分かります
行動を見ていれば分かります

スマホを持っていない(親のスマホ)子でも、保護者の方が見せてあげてほしいです

 

本は読まないかもしれない
でも、せめて、ここの文章くらいは読んでほしい

 

ここで読んだことは塾などで使う情報が多いので、その情報を使って行動した=読んで理解していたと考えることができます

読んで理解しているかどうかは、親子で話題に出せば分かります
「塾長が〇〇って言ってたじゃん」
「そういえば、〇〇らしいね」
なんて話し出せば分かります

読まないといけないと思って読むのではなくて
【読んでおくと、家族で会話ができる(輪に入れる)】くらいにとらえてもらえると前向きに読めると思いますよ

 

 

2:勉強方法の例示

これまで、勉強方法を具体的に示す(強制する)ということは避けてきました

なぜなら、勉強方法というのは『自分が試行錯誤した結果、得たもの』であるべきで

1つの強制された形しか知らないようではダメで

逆に、1つの方法ですべての学びができるようになるわけではないんです

 

だから、パーツパーツの武器(技)を持たせてあげて、あとは確認テストなどの場を用意して

それに通用するように武器を組み合わせたりして使っていく

それが、その子の、その「問題」に合った方法だと考えています

 

でも、こういう試行錯誤をする・・・段階も放棄してしまい、試行錯誤も諦めてしまった学年の子、成績の子もいます

特に、志望校がない、将来の夢もない、成績を上げる理由もない子の場合、試行錯誤する意義すら見いだせていなかったりします

 

そういう子には「この方法でやってみようか」という方法を提示して、その通りやらせてみる
それを繰り返すことで習慣にしてあげる

それも必要なのかなって思うようになってきました

もちろん、これまでも
「こうやってやった方がいいよ」というアドバイスはしてきました
でも、それを強制したことはありませんでした

私の頭の中には、勉強方法がほぼ固まっています

そして、成績上位の子、銅や銀の子、国公立大学に合格するような子は、ほぼそれに近い勉強を実際にしています

それを一覧にして渡したり、勉強タイプごとに手順通りやらせていくことも必要なのかな・・・と思います

こう書くと
「早くそういうのを子どもに教えろよ」
「なんで教えてくれなかったんだ!」とお怒りかもしれませんが、上記のような想いから、強制はさせてきませんでした

 

そして、その勉強方法で使われる武器(例えば、自分テストとか単語帳とか)についてはほぼ全て教えています(中学生以上には)

 

6月のうちにマニュアルをきちんと作成して、7月から使おうと思っています
(一部の赤の子には6月から導入しています)

・なかなか黄色にならない小中高校生
・黄色にいたまま銅にならず、赤になりそうな中学生
・学校のことだけできて満足している銅の高校生

そこの次元で留まっていると、ドンドン世の中から置いていかれます
新大学入試では全く通用せず、就職試験も通用せず、かといって起業すれば・・・

これが良い判断かは分かりませんが、それを使って勉強した生徒たちの様子や変化(成長)を見て次の手を打とうと思います

現状打破には、まず行動
考えるというのも、行動です
考えて形にするのも行動です

 

塾長
塾長

塾屋は、愛知県豊田市にある学習塾です

ブログをお読みになり

うちの子に通わせたい塾だなと思われた方は

公式ホームページもご覧になってください!

トップページ
塾屋は豊田市の学習塾で、「満席で入れない」と評判の塾です。大手の進学塾、個別指導塾にはない指導で「こんな塾を探していた!」との声も多数頂いております。個別指導の授業ではなく、1人1人の自己管理能力、勉強能力に合わせた指導を行うため、成績アップはもちろん、受験にも強いです。

塾屋ってどんな塾???