才能を潰して凡人になる?自己肯定感ゼロの廃人になるか

塾屋&塾長の考え

1:凡人、さかなクン、自己肯定感ゼロの廃人どれ?

リンクの記事を最初にお読みください

成績は破滅的で、発達障害…それでも母は息子を見守り続けた。30年後息子は偉大になってテレビに出演する。
息子がチョット変だと思ったら。

 

塾の中でも「スペシャリスト」の代表として紹介している、さかなクン

彼の幼少期~さかなクンとして世に認められ、教授にまでなって現在も活躍を続けている陰で親の存在は大きかったという記事です

彼のように発達障がいなどがなくても

「苦手なことをなくす」「まんべんなくできればいい」「人並みでないことを直していく」
こうした教育だけを続けていれば、子どもは凡人になります

好きなことも、得意なことも芽を摘まれてしまい、社会に出たら【キミの代わりはいくらでもいるんだよ】という扱いを受け続ける

それを痛感して「自分に何ができるだろう」と、そこから自分を見つけていくのは大変なことです

 

一方で、得意を伸ばす、得意を一緒に見つけてあげる、得意が注目される環境においてあげることで
得意は超得意になり、それを職業にすることができます

そして、そこまで特化すれば、苦手な部分は(語弊があったらごめんなさい)その苦手な部分をカバーしてくれる人がやってくれます

これは、地位だったり、経済力もありますが、こういうタイプの場合は「応援したい!」という人たちが補ってくれる場合が多いです

 

そして、親によって
「気持ちが足りないんだ」「そんな子に育てた覚えはない」「うちの子じゃない」
などと、その子の自己肯定感を日々下げられ、下げきったところで、世の中に出されてしまう子もたくさんいます

 

潰すも、活かすも、伸ばすも親の言動

親(特に母親?)の言動は影響力がすごいなって思います
前にも

父親=父性
母親=母性

という話をしていますが、やはり原点として、母性でしっかり自分が守られている安心感があるからこそ、そこから飛び出してチャレンジしようという思いが出てくるものです

100点満点の母親はいません
ずっと100点の母親もいません

でも

今は50点でも51点になろうとしている母親と、60点の自分から変わろうとしない母親と、自分が20点なのに80点ぶっている母親と、自分が20点だということにも気づかない母親とでは
全然違います

 

その違いが、お子様に毎日、毎月、毎年・・・影響していくわけです

 

母親が大変なことは理解しているつもりです
お子様によっては、さらに大変なことも理解しているつもりです

もっと頑張れとは言いません

でも、日々生活していて、この記事のような情報に触れたときには、ちょっとの間でも、お子様への接し方を意識してみてください

それが1週間で終わったとしても、また次の情報(刺激)を受け取ったときに行動していけば、断続的につながっていきます

金八先生じゃないですが
『親という字は、木の上に立って、見ると書きます

口を出す、手を出す前に、じっと子どもの言動を観てみてください

 

2:ほらね

記事2つ目、こちらも読んでから続きをお読みください

脳科学者に学ぶ、成果を出す人の「脳を自在に操る」習慣 – MONEY PLUS
私たちは、仕事や勉強のパフォーマンスが上がらない理由を、「やる気が起こらない」「やる気が不足している」ことに求めがちです。そして「何かやる気が出る方法はないものか」と考え込み、ますますパフォーマンスを

脳科学者、茂木先生も、やる気スイッチとかやる気を引き出す・・・を全否定されています
私も全否定派です

私は生徒に対して「やる気を出せ」「やる気がないんだ」という言い方をしたことがありません

逆に、生徒や保護者の方が
「やる気が出ない」「やる気がないんですよ、うちの子」という言葉を聞いても何とも思わないです

「あー、やる気って言葉で納得させようとしてるんだー」
「やる気という実態のないもののせいにして、親子とも納得してるんだー」
って

( 一一)
こんな顔して聞いていると思います(内心はこんな顔をしています)

 

「やる気」って言葉を使うのを禁止にしませんか??

代わりの言葉として「行動」にしてみてはいかがでしょう?

「やる気がないわ」→「行動できないわ」
「やる気を出そう」→「行動しよう」

やる気がない人・・・は、あいまいで、みじめな感じもしないし、開き直れそうな印象ですが

行動しない人・・・は、結構ヤバく感じませんか?何もしない人って感じで、ダメな奴って言うより数倍嫌な表現だと思いますけどねー

私だったら「お前、やる気ないの!?」って言われるより「お前、行動しない奴なんだな」って言われた方がムカつきます

そして、それを覆す方法も
「やる気がない→やる気を出す→どうやって?どうしたら認められるの??」だけど
「行動しない→行動する」っていうシンプル回答だから、すぐにできるし、周りも認めてくれるよね

使う言葉が変われば、思考が変わりますよ

 

塾長
塾長

塾屋は、愛知県豊田市にある学習塾です

ブログをお読みになり

うちの子に通わせたい塾だなと思われた方は

公式ホームページもご覧になってください!

トップページ
塾屋は豊田市の学習塾で、「満席で入れない」と評判の塾です。大手の進学塾、個別指導塾にはない指導で「こんな塾を探していた!」との声も多数頂いております。個別指導の授業ではなく、1人1人の自己管理能力、勉強能力に合わせた指導を行うため、成績アップはもちろん、受験にも強いです。

塾屋ってどんな塾???