メンタルをテクニックでコントロールする

塾屋&塾長の考え

1:心技体

前にも1回書いたような気がしますが、すごく良い記事を紹介したいので、再度、心技体の話をします

スポーツでは「心技体」が大事だと言われますが、これは人が生きていくうえで大事な3要素ともいえます

メンタル、テクニック、身体

どれが一番大事かを挙げるなら、私は「技」と答えます

その理由になりそうな記事が、リンクさせた記事です

甲野善紀が語る武術的身体の哲学──逆三角形が正解とはかぎらない | citrus(シトラス)
日本人の男子にとっての理想的身体は、ダヴィデのような逆三角形の上半身にまっすぐに伸びた脚を持っていなかった。日本およびアジアと西洋とでは、男子の身体の理想はおなじではない。日本の古武術の研究家にして実践家であり、スポーツや介護の分野などでも古武術の術理をベースに、独自の身体運用法を提言する甲野善紀さんに、非西洋的な身体...続きを読む

この記事の「怖さを感じない方法」のところが、今回言いたい内容です

怖さ(メンタル)は技術で無効化できる!

人が怖いと感じる「心」は、「身体」の変化で起こっており、その変化を「技術」でおさえると「身体」が変化を止め、怖いと感じる「心」がなくなるんだそうです

 

もちろん、十分な技術があっても病気はしますし、凹むときはあります

 

でも「技」を知って、活かして、気にしていけば「心」も「身体」も今以上の確率で「健全」な状態を維持できます

 

それに、メンタルや身体って、遺伝だったり、もともとの部分があるので、どうしようもない部分がありますが

「技」はもともと人間は0の状態からスタートし、人によってドンドン増やしていける部分です

私は「メンタルだ!」とか「気合いだ!」というのが嫌いなのは、この考え方があるからです

 

「技」があれば、自分を良い方ももっていくことも、悪い部分を断ち切ることもできると思います

 

「技」がない(未熟、不足)から、心もマイナスのまま止まらず、身体も学べる状態でなくなります

 

「技」を身に付けること

それがまさに「学び」「学習」です

 

2:身体、バキバキ

火曜・水曜と午前中に野球をやってきました

火曜日の筋肉痛を抱えながらの連戦でした・・・
ちなみに来週も火曜・水曜が連戦です・・・

久々に全身が痛い!
今少しマシになりましたが、授業中は座るのも「あいたたたた・・・」と心の中で言いながら座っていました

やっぱり身体がつかれているときは、ちょっとの仮眠は有効なので
10~30分くらいの仮眠は生活の中で選択肢として持っておきましょう

がっつり寝る体制(いつも寝ているところで寝る)をすると、そのまま寝てしまうので
「仮眠なら、ここで」など、仮眠ルールを決めておくと良いですよ♪

私は塾でもみんなが来る前に仮眠したりします
・・・荷物の受け取りで起こされたりしますけどね(笑)

 

塾長
塾長

塾屋は、愛知県豊田市にある学習塾です

ブログをお読みになり

うちの子に通わせたい塾だなと思われた方は

公式ホームページもご覧になってください!

トップページ
塾屋は豊田市の学習塾で、「満席で入れない」と評判の塾です。大手の進学塾、個別指導塾にはない指導で「こんな塾を探していた!」との声も多数頂いております。個別指導の授業ではなく、1人1人の自己管理能力、勉強能力に合わせた指導を行うため、成績アップはもちろん、受験にも強いです。

塾屋ってどんな塾???