英語『だけ』出来ない子がいる意外な理由とは

塾屋&塾長の考え

1:懇談日程

昨日、今日で全保護者の方に懇談日程の連絡をしました
早めの返信をいただけたので、日時変更もスムーズにいきました

当日は、なるべく『お話をする・伺う』時間を長く取りたいので、夏期講習の資料など「読んだら伝わる」資料については時間を割かないように作ろうと思います

 

なかには家族+塾で会議をするような懇談も出てくると思いますが、良いも悪いも向き合って、懇談後に活かしていきましょう

 

2:どこまで「先」が見えているのか

デキる人の手帳は3週間先まで埋まっている なぜ?
 「会社では教えてもらえない 仕事が速い人の手帳・メモのキホン」の著者・伊庭正康さんに手帳活用法について伺っている、特集「仕事の悩みが解決する手帳術」。第三回の今回は、手帳を使って自分の夢をかなえるためのポイント3つを教えていただきました。なかなか前に進めずもやもやしている……。そんなあなたにおすすめの回です。

私の場合、アプリで家族のスケジュールを共有できるアプリで、私・妻・娘のスケジュールを管理・共有しています

TimeTree【タイムツリー】 - グループでのスケジュール共有とプライベートの予定管理ができるカレンダーアプリ
TimeTreeはプライベート&共有で使えるカレンダーアプリ(無料)です。家族、カップル、サークル、バイトなど色々なグループでのスケジュール共有に利用できます。共有せずにプライベートでももちろん利用できます。

今はこれがない生活はあり得ないです!

 

ホリエモン(堀江貴文)は、先にことなんて考えて尻込みするくらいなら、今のことだけ考えて生きろ。その連続で生きていけばいいと言っています

 

でも、ホリエモンのやっている仕事やプライベートを見ていくと「今のことだけ」を考えながら、それが過去の「今」とつながって、先を見据えているんです

先を見据えるのではなく、先が見えちゃっていると言った方が分かりやすいかもしれません

 

話が難しくなりましたが、小中高校生が3週間先の予定まで把握している(空白部分を自分で埋めている)子はまずいません

 

そこまでじゃなくても、せめて「1時間先」「1日先」は見えていてほしいです

 

これも、シール赤の子が多い話ですが

例えば
(1)22日が鬼の日だと連絡事項に「毎週」書いているにも関わらず、鬼の日いつですか?と聞いてきたり、今週が鬼の日だと今日聞かされて「初めて知った」と言えてしまう

(2)授業の終わりが楽しく終わったり、ゲームなどをして終わったときには、演習表も連絡事項も全然「読まず」に帰ってしまう

だったら、毎回、授業中に連絡事項や注意事項も含め、説教のような時間を作って、それを覚えているか問番をやりましょうか?もしくは、授業中も盛り上げず、ゲームや遊びも行わず、淡々と授業をして、終わりにしましょうか?

自律とか自己管理というのは、勢いとか気合いとか、周りの雰囲気というのに「頼らない」「影響されない(良い意味で)」ことを指します

 

きっちり楽しむときは楽しむ、勝ち負けがあるときは勝ちに行く、学ぶときは学ぶ・・・と切り替えがつくように全力でやっていれば、自律は育っていくものです

空気が読めないことも問題ではありますが、空気を読んだうえで「俺(私)は別の考えだから」と判断できる子に育てたいものです

 

 

3:初めて記念日

昨日、夕方にLineで動画が送られてきて休憩時間に見たら
「自転車・・・乗れてる!!!!」
と驚きました

(Lineでは実際の動画をお送りしましたが、ここでは割愛します)

 

初めて補助輪なしで乗れた瞬間を動画で撮ってくれました
なかなか「初」を記録するのって難しいですよね

 

今回、初自転車を偶然おさめてくれたので、長い方だと娘が生まれたときから写真や動画をここで見て成長を見届けてもらっている方のためにも、掲載しました

今日はもうすっかりベテランみたいな乗り方をした動画が送られてきましたけどね(笑)

 

 

4:中学英語という強敵

中学になると

「英語だけできる子」「英語だけ(も)できない子」

の差が大きいです

 

理由は、小さいころからの英会話教室・・・ではなくて

「英語という教科の特性」だと思います

他の教科と違い、しかも小学校までの教科とも英語は決定的に1つ大きな違いがあります

 

それは
『英語だけは、常に習ったことすべてを使う
という点です

 

算数を例に考えてみましょう

算数の場合「面積」の単元を勉強している最中に

割合とか速さとか点対称が関わる問題は出てきません

 

でも、英語の場合「現在完了形」を習う単元でも、教科書の本文では、現在完了形以外の文も単語も熟語も出てきますよね

 

中学になって英語を勉強し始めた子でも、常に90点以上、英検も独学で合格している子もいます
一方で、3歳からずっと英会話を習っていても、平均点にも行かない、英語が5教科で最下位という子もいます

 

習った経歴が影響するのは「英会話」の部分です
リスニング、スピーキング、発音の部分です

 

今週の演習日、中1の英語の1回目の確認テストを私が作りました
演習内容は、Unit3の範囲です

通常、スタッフが作る場合は、Unit3内でテストを作ります
(スタッフは中学3年間の全Unitのどこで何を習うかまでは知らないので、過去のUnitを混ぜる問題はなかなか出せない)
なので、たまに私がUnitをまたいだ問題を作ったりするんです

 

今回の中1には、先週の木曜日に「Unit病(そのUnitだけの丸暗記)にならないように」と授業をしたという布石があります

 

さて、演習日で勉強したUnit3のことしか考えていないUnit病はいないかなぁ??

・・・結果は、中1で気になった保護者の方はファイルをご覧ください( 一一)
Aになっていれば、私のテストでノーミスで合格したということです
Cや済、はたまた×のまま・・・だと、私のテストを間違えたということです

ここ20年くらいで、英語の教科書自体が難しくなり、それに合わせて定期テストも難しくなっているので「英語だけできる」子は減っています

英語「も」他の教科と同じくらい

英語「だけ」点数が劇的に悪い

のいずれかですね

 

英語は
『習ったことをすべて使う』
今間違えたミスの理由は、明日も来週も来月も来年も出てきます
だからこそ・・・

◎◎◎を使え!

ってことなんですよねー

この記事を機に、まずは英語だけは◎◎◎を使う人が増えてくれたらなと思っています

(◎◎◎が気になった方、中高生の塾生なら答えが分かります。いや、小学生や保護者の方でも分かるかも。答えはコメントに書いておきます)

 

塾長
塾長

塾屋は、愛知県豊田市にある学習塾です

ブログをお読みになり

うちの子に通わせたい塾だなと思われた方は

公式ホームページもご覧になってください!

トップページ
塾屋は豊田市の学習塾で、「満席で入れない」と評判の塾です。大手の進学塾、個別指導塾にはない指導で「こんな塾を探していた!」との声も多数頂いております。個別指導の授業ではなく、1人1人の自己管理能力、勉強能力に合わせた指導を行うため、成績アップはもちろん、受験にも強いです。

塾屋ってどんな塾???