小学生、中学生の消しゴムはこれ一択!!塾屋がおススメする小中学生が持つべき消しゴムとは?

塾屋&塾長の考え

「消しゴム」って実は結構大事です

勉強するときに必須の消しゴム。

おそらく、中高生くらいになると自分で買ってくると思いますが、園児や小学生のうちは親が選んで渡すのがほとんどだと思います。

もちろん、キャラクターの消しゴムでも良いとは思いますが、ここでは『勉強上のストレスが最も少ない消しゴム』を塾長が経験をもとにセレクトしました。

 

消しゴムは、ストレスが無いことが最重要です

消しゴムは、消せて当たり前ですが、消せたとしても・・・

 

・なかなか消えずに完全に消えるまでに時間がかかる

・加減が分からず、紙やノートが破れる

・消しゴム自体が壊れたり、汚れてしまう

こういったストレスの中、日々、子どもたちは消す行為を行っています。
なかには

消すのがイヤだ

という理由で、答えを書く前に親に聞いたり、答えを確認してから書いたりする子もいます。

 

保護者の方にとっては消しゴムはどれも一緒だと思うかもしれませんが、実際にお子様の消している様子をのぞいてみてください。

 

・一文字に何回もゴシゴシしている
その場合は、ぜひ消しゴムを交換してあげてください。
塾長が紹介する消しゴムは、1つ100円もしない消しゴムです。ほぼ毎日、しかも長く使うものだからこそ、高価なものではなくても『良い消しゴム=ストレスのない消しゴム』を選んでください。

塾長がおススメする消しゴムは『MONO ブラック』1択です!

ずいぶん引っ張ってしまいましたが、塾長がおススメする消しゴムは『MONO ブラック』です。

MONOは消しゴム界では王道の消しゴムです。

そのなかでも「黒」がおススメです。

 

おそらく、消す能力だけならMONOの「白」と同じだと思うんです。

 

でも、塾長が考える良い消しゴムの定義は「ストレスがない」ことなので、白だと消した後に本体が黒くなったりしますよね。あれを気にして、その部分を指でこすったり、ノートの白い部分で消して整えたりしてしまうんですよね( ;∀;)あれ、ストレスですよね。

 

黒の場合、消した部分の本体も黒なので、汚れが見えません。消す前と消した後が一緒です。消しゴムを気にするストレスが白より少ないでしょ?!

 

 

知ってました?オリジナルMONO

これ、よーく見ると、MONOの純正のカバーではないんです。

MONOの部分が「JYUKUYA」になってますよね♪別にコラボ商品ではありません。

(販売もしていません)

 

実は、MONOのカバーをオリジナルにカスタマイズできるサイトがあるんです!

Eraser Case Creator
Eraser Case Creator

こちらでは、カバーの色から文字、バーコードの数字までカスタマイズできます。

さらには、そのカバーの印刷から作り方まで紹介されています。

 

塾屋でも塾屋オリジナルを生徒が作ってくれたので、全生徒に無償配布予定です。

 

いかがでしたか?

塾長がおススメする消しゴム「MONO 黒」を買って、さらにはカバーもオリジナルにして

最強にして、最高の消しゴムを筆箱に入れてみてはいかがでしょうか??

 

塾長
塾長

塾屋は、愛知県豊田市にある学習塾です

ブログをお読みになり

うちの子に通わせたい塾だなと思われた方は

公式ホームページもご覧になってください!

トップページ
塾屋は豊田市の学習塾で、「満席で入れない」と評判の塾です。大手の進学塾、個別指導塾にはない指導で「こんな塾を探していた!」との声も多数頂いております。個別指導の授業ではなく、1人1人の自己管理能力、勉強能力に合わせた指導を行うため、成績アップはもちろん、受験にも強いです。