塾をやっていて、嬉しい相談

塾屋&塾長の考え

1:朝から試合

最近、試合の日に雨・・・が続いていましたが、今日は快晴でした
朝、娘と妻に(笑)「行かないで~」と言われながら名古屋市内の野球場に向かいました

試合は快勝!2安打2打点ノーエラー

チームを主宰している立場としては最高の日でした

ガッチリ日焼けもして、疲れもあり、塾に戻ってから生徒が来る4時までは塾の準備もしながら身体のケアや栄養補給をしまくりました

火・水に「あれ?日焼けしてるな?」と思ったら「あ、今日試合だったんだ」とお考え下さい( ^^) _U~~

 

2:うれしい相談

試合から帰って塾でメールをチェックすると、1件の問い合わせメールが
開くと名前のところに「◎◎◎(名前)」

・・・ん?見たことある名前だぞ?
と思って内容を読んだら、なんと塾を始めたばっかり、約10年前の生徒からの相談メールでした

言える範囲で書くと
「弟が高3で、卒業できないくらい勉強がピンチで、家では万策尽きたから、アドバイスを!!」という感じでした

夕方、授業の空き時間にLineでいろいろ返信しました
きっと今頃、読んだ内容をもとに家族で会議して実践していることでしょう

塾長は、卒業した生徒との関わりは、こういうのが一番良いと思っています

昔あこがれた理想は、卒業生が毎年のように塾に遊びに来て、一緒にご飯を食べて呑んで・・・結婚式に呼ばれて・・・でした
実際にそういう塾がいくつもあり、「あー自分の人柄では無理だな」と諦めています(ホントは今でもそうしたい)

そこで考えたのは、やはり塾のカラーが生徒の自己管理、独学ですから
卒業しても
「使える大人の1人」として

使いたいときに塾長を利用する

これが一番だと考えています

別に仲良しでもない、遊びに行く仲でも、飯に行く仲でもない・・・
でも、何か自分が困ったとき、悩んだとき、報告したいときに「あ、塾長に連絡しよ(会いに行こう)」と思って連絡をくれる

それは生徒でなくても、保護者の方でも一緒です
このタイムライン自体は、見られなくなる人もいますが、連絡手段は山ほどあります

今回の子だって、わざわざ塾のHPの問い合わせフォームから連絡してきてるんです

私は、こういう考えで指導後の生徒・保護者の方と関わっていきたいなと思っています
こういう図々しさは大歓迎です

ぜひ、覚えておいてくださいね!

 

塾長
塾長

塾屋は、愛知県豊田市にある学習塾です

ブログをお読みになり

うちの子に通わせたい塾だなと思われた方は

公式ホームページもご覧になってください!

トップページ
塾屋は豊田市の学習塾で、「満席で入れない」と評判の塾です。大手の進学塾、個別指導塾にはない指導で「こんな塾を探していた!」との声も多数頂いております。個別指導の授業ではなく、1人1人の自己管理能力、勉強能力に合わせた指導を行うため、成績アップはもちろん、受験にも強いです。